沖一輝・響主兄弟はどこの乗馬クラブ?競馬学校の受験資格は?

スポーツ

ひるおびで紹介された、ジョッキーを目指す中学生兄弟は、千葉の浦安に住んでいる。

夢は大きくパリにて、おこなわれる凱旋門賞。

ちょっと競馬に詳しくない人は、どういうものなのか、またどこの乗馬クラブにかよわれているのか?

なぜ、兄弟が、乗馬からジョッキーを目指すために競馬学校を受験するのか。

家庭環境や練習方法についてもご紹介したい。

この記事でわかること

  • 浦安でジョッキーを目指す中学生兄弟はどこの乗馬クラブ
  • ジョッキーになるためには、どのような練習をしているのか?
  • ジョッキーになるためには、乗馬学校の倍率は?
  • ジョッキーになるための受験資格とは?

沖一輝・響主兄弟はどこの乗馬クラブ?

沖一輝(いっき)くん15歳
沖 響主(ひびき)くん13歳

千葉にはたくさんの乗馬クラブがありますが、おそらく兄弟は、成田空港近くのオリンピック乗馬クラブかなと想像してます。

ここの乗馬クラブは、若い子が多いそうです。なので、そうかなと。

あくまで予想。

沖一輝・響主兄弟 競馬学校の受験資格は?

中学生のおふたりが練習してるのが、乗馬です。

競馬が好きなお父さんに連れられて、競馬場に幼少の頃から

いったのが、そもそもの乗馬の始まりです。家族の影響はやはりすごいです。

なんと、夢はジョッキーになりこと

ジョッキーとは競馬などで、馬に乗ってる人なんですが、武豊さんなんかが超有名。

ジョッキーは、体重が軽い方や華奢な方が多いイメージです。

また、身長もあまり高い方はおられないです。

中学生なので、まだそれほど、体が大きくないお二人です。

兄の一輝くんは今年、乗馬学校を受験予定です。

乗馬学校の受験資格はどうなんでしょうか?

JRA競馬学校受験資格

ジョッキーになるためには、競馬の受験が必須

競馬学校の受験資格は、もうここから厳しいものです。

  • 15〜20歳未満
  • 15歳は体重45kg以下
  • 運動機能・学科・面接の試験が1次試験
  • 3泊4日の面接試験は2次試験

というように、海外などで経験を積んだ方以外は、必須条件になります。

2次試験まであり学科も勉強が必要です。

さて、ではその競争倍率はどうなんでしょうか?

競争倍率は?

ジョッキーになるための学校の気になる倍率は?

昨年2022年度は、190名が受験して10名が合格というなんと5%

20倍でした。

どの世界も、大変ですが、身体的にも適合性があるかどうかが関わって来るので

向き不向きが、はっきりしそうですね。

誰でもなれる湯なものではなさそうです。

身体的な要素と、精神面でも、結構バランスが大切。

沖一輝・響主兄弟 練習はバランスボールとフラフープ?

  • バランスボール
  • フラフープ
  • ゲーム?

バランスボールは想像してました。体幹鍛えるのに。

しかし

こんな乗り方するとは、ちょっとびっくり。

バランスボールの上に立ってフラフープとか

立つだけでも大変なのに、これは、素晴らしい体幹です。

わたくし、バランスボール持ってるし乗馬もやってますが、これは脅威の体幹です。

沖一輝・響主兄弟はどこの乗馬クラブ?競馬学校の受験資格は?のまとめ

  • 浦安でジョッキーを目指す中学生兄弟はおそらくオリンピック乗馬クラブ
  • ジョッキーになるためには、バランスボールにフラフープを使っている
  • ジョッキーになるためには、乗馬学校の倍率は20倍
  • ジョッキーになるための、乗馬学校の受験資格は15−20歳。体重制限あり

今年、競馬学校受験の一輝くん。夢がおおきいじゃないですか。

パリの凱旋門賞です。未だ日本人が制覇したことのない世界に挑戦しようという心意気。

競馬はまだまだ、日本は世界から見ると、後発組です。

JRAがありますが、もっともっと、馬もそうですが、ジョッキーも世界に向けて

活躍できるといいですね。

兄弟2人をみんなで応援しましょう。







コメント

タイトルとURLをコピーしました