蟷螂山2022カマキリおみくじの時間と場所は?値段と動画も!

観光地

コンチキチンの音色とともに、祇園祭ももうすぐ山鉾巡行の日が近づいてきました。

2022年は3年ぶりの開催ということで、京都祇園祭といえば山鉾巡行とお囃子ですね。

その中で、毎年人気の蟷螂(とうろう)山のカマキリがとっても愛らしい

蟷螂山のカマキリおみくじはご存じでしょうか?

機会があれば、ちまきと一緒におみくじをひきにに蟷螂山にもお出かけください。

時間や場所も、詳しくお伝えしています。最後に動画もありますので、ご覧くださいね。


この記事でわかること

  • 蟷螂山のおみくじの場所と値段と時間
  • 蟷螂山のカマキリの由来

蟷螂山2022カマキリおみくじの時間は?

おみくじは3日間だけですね。
時間は10時から21時まで。

7月14日授与品頒布・からくりおみくじ・御朱印(10時~21時)*
7月15日授与品頒布・からくりおみくじ・御朱印(10時~21時)*
7月16日授与品頒布・からくりおみくじ・御朱印(10時~21時)*

*からくりおみくじ等は、混雑の状況次第で早めに終了する可能性があります。

カマキリがなんとも愛らしい蟷螂山のマスコット。

なんで?

カマキリと思いましたが、なんとこれも歴史がああるんですね。

蟷螂山は、「蟷螂の斧を以て隆車の隧を禦がんと欲す」という中国の故事に由来をもちます。その起源は、南北朝時代の当町在住の公卿 四條隆資しじょうたかすけの戦いぶりが「蟷螂の斧」のようであったことから、渡来人で同じく当町居住の陳外郎大年宗奇が、永和2年(1376)に四條家の御所車にその蟷螂かまきりを乗せて巡行したのが始まりと云われています。幕末の大火以降、長らく休み山となっていましたが、昭和56年(1981)に117年ぶりの再興を果たしました。


なになに?

なんと南北朝時代の戦いぶりがカマキリの斧の様だったことからの

カマキリなんですね。

しかも1981年に復活とは・・・

ほんとに祇園祭にかける、京都の方々の思い入れがすごいです。

これが何百年と続いている所以なんでしょう。

すごい!!

蟷螂山2022カマキリおみくじの場所は?

おみくじの場所はこちらですよ。

烏丸から歩いてもすぐですね。

お子さんが喜びますので、ぜひとも混雑を避けるためにも

早い時間にお越しください。

蟷螂山保存会

住所:〒604-8225 京都府京都市中京区蟷螂山町479

WEB:https://tourouyama.jp/

山の上のカマキリちゃん。

かっこいいでしょ。

山鉾巡航の時には、このカマキリが、カラクリ人形になっており

動くそうです。


わくわくするな〜。

蟷螂山2022カマキリおみくじの値段は?

おみくじは一回200円

このお兄さんは蟷螂山のスタッフ。

かっこいいTシャツで、お兄さんもカッコよくて、とっても親切でした。

『写真撮らせていただいていいですか?』

にも、にっこり。

このT-シャツ欲しかったんですが。

13日に行きましたが、
『明日の10時からです。』とのこと。

泣く泣く、諦めました・・・


わかったこと

おみくじもTシャツ販売も、10時から。

ほしかったな〜。


蟷螂山2022カマキリおみくじの動画

カラクリカマキリが、人に代わって

神社に行って、をもらってくれます。

玉をお姉さんに渡すと、おみくじに変えてくれます。

大吉ひいてきてね〜。

カマキリが可愛すぎる〜。

手前の金のカマキリも可愛い。

蟷螂山2022カマキリおみくじの時間と場所は?値段と動画も!のまとめ

  • 蟷螂山のおみくじは7月14日(木)・15日(金)・16日(土)
  • 蟷螂山のおみくじ時間は10:00〜21:00(ただし、早めの終了あり)
  • 蟷螂山のおみくじは200円

今日は「蟷螂(とうろう)山のカマキリおみくじの時間と場所は?値段と動画も!」とだいしまして、3年ぶりの、祇園祭の人気スポット、蟷螂山のおみくじについて、まとめてみました。

たくさんの山や鉾がありますが、どれも歴史が深く、この蟷螂山の由来と大火で焼けてからの
復興ということも確認できましたね。


みなさんも2022年祇園祭で、人気の蟷螂山のおみくじを引いて、厄除けと運試しに挑戦してみてくださいね。




あ、そうそう。しみだれ豚まんも、あるいてすぐで期間限定だよ。↓↓↓


コメント

タイトルとURLをコピーしました