高岡本州社長の経歴や大学は?エアウィーヴと高圧電気も兼任

TV

浅田真央さんをはじめとして、錦織選手や坂東玉三郎さんと名だたるアスリートや一流選手が使うエアウィーヴ。東京2020のオリンピックの選手村でも採用され、JALのファーストクラスなど、一流の人が使う寝具を生み出したのが、高岡本州さんだ。

高岡本州さんがどのような経歴で、エアウイーヴを生み出したのか?また二つの会社の社長とはどうゆうことなのかについて調べてみた。

  • 高岡本州さんの経歴
  • 高岡本州さんが二足のわらじを履いてる経緯は?

高岡本州 エアウィーヴ 社長の出身大学は?

大学は、名古屋大学の後、慶応義塾の大学院を卒業。スタンフォード大学にも留学されています。
どの大学も、みなさんご存知の一流大学ばかりです。

お父様も、日本高圧電気の創始者であられ、英才教育を受けられてきたのでしょう。

また、現在も2つの会社の代表取締役をされています。

高岡本州(たかおか もとくに)

株式会社エアウィーヴ 代表取締役会長

1960 年名古屋生まれ。名古屋大学工学部応用物理学科卒業後、慶應義塾大学大学院経営管理研 究科修士課程修了(MBA)。父上の会社日本高圧電気入社。スタンフォード大学大学院に留学し、 経済システム工学科修士課程修了。98 年日本高圧電気代表取締役社長就任(現任)。2004 年 株式会社中部化学機械製作所(現・エアウィーヴ)代表取締役就任。07 年株式会社ウィーヴァ ジャパン(現 株式会社エアウィーヴ)代表取締役社長就任。14 年からエアウィーヴホールデ ィングス代表取締役会長兼社長、エアウィーヴ代表取締役会長、エアウィーヴマニュファクチュ アリング取締役会長。

<座右の銘>
「唯一無二」
東大の 40 代のためのリーダーシップ講座、エグゼクティブ・マネジメント・プログラムの標語 です。他と比べるのではなく自分で課題を設定し、それができることがリーダーであり、またリ ーダーの義務でもあります。


<おススメの本>
『道は開ける』(デール・カーネギー著)
『国家の品格』(藤原正彦著)


<おススメの映画>
『007 ロシアより愛をこめて』
『真夏のオリオン』。

リーダーとしてふさわしい、座右の名ですね。他にはないものを生み出す。
まさにイノベーションですね。

高岡本州 エアウィーヴ 社長の開発のエアウイーヴとは?

ー分

こちらが東京オリンピックで採用されたエアウイーヴの写真です。
ブルーに文字が映えて、かっこいいですね。


オリンピックで採用されて、ますます一流の人が使うイメージも定着してきました。

ベッドパッドにしては高級なので、もっとお安くなればいいですね。
一度寝てみたいな、と思われた方は、こちらのお試し返品可能のプランもありますので
ぜひ覗いてみてくださいね。




エアウイーヴはベッドパッドなので、よく海外から帰国された選手が大荷物を持って帰国されますが
よく見るとエアウイーヴがカートに乗ってたりしますね。

これこれ。
浅田真央さんがよくはこんでます。╰(*´︶`*)╯♡空港なんかで。

高岡本州 エアウィーヴ 社長は二つの会社を掛け持ち?

  • 日本高圧電気代表取締役社長
  • 株式会社エアウィーヴ代表取締役社長

日本高圧電気という会社は元々は伯父様の会社でした。
エアウィーヴは、漁網や釣り糸を作る射出成形機を製造する伯父の会社の経営を引き継いだのでした。

実は伯父様から技術力を残してくれと言われ、新商品開発に取り組んだ結果
睡眠の分野で研究を重ねてエアウィーヴと言う素材を完成させてマットレスパッドができたのです。

中学生の頃からご本人の運動と睡眠の関係にとても興味を持っておられて、この分野に興味があったことがベッドパッドの開発の始まりなんですね。

というわけで、

  • お父様から、配電機器メーカーの日本高圧電気をうけつぎ
  • 伯父様からは、現在のエアウイーヴの前身となる射出成形機を製造する会社を受け継ぎました。

すごいですね。
最初は、伯父様の会社は、もう諦めて、従業員は日本高圧電気に入って貰えばいいやと
思われていたとか。



しかし、

この技術をぜひとも残してほしいという伯父様の意志を引き継がれた上に
新しい、イノベーションが起こっていない寝具メーカーに挑戦されたそうです。


こちらがそのベッドの秘密の技術ですが、水中で、もじゃもじゃしたものが
できてる様子がおわかりですか?

これがほとんど空気という代物です。ここから、ベッドパッドへとアイデア膨らませた
高岡社長がすごいですね。

これだけでは売れないので、確固たる根拠が必要でした。

そこで

そこで、スタンフォード大学の睡眠・生体リズム研究所との共同研究で、確固たる研究を重ねて
樹脂ポリエチレンを絡み合わせてほとんどが空気というマットを開発したのです。

また一流の選手を使うことによって一流の人たちからいろんなことを学び、そしてその一流の人たちの生き様に恥じないように企業活動をされていると言うからすばらしい。


エアウイーヴ 一流選手が使う

一流の選手たちの、リレーも素晴らしいです。
コロナ禍でこんなTwitterが送られてたんですね。

このように一流の方が使うエアウイーヴ

ますます一度使ってみたくなりました。

簡単に折り畳めて、もち運びができるのが特徴ですね。
洗えるのが清潔でいいですね。


コイル式のマットレスではなかなか宅配で運ぶのも大変です。最近ではニトリなどでも
圧縮して運べるマットレスが販売されてますね。これから、どんどん新しい睡眠に関する寝具が発売されるといいな。

だって睡眠は1日の3分の1を占めてるんですもの。



人間の体は3次元なので、体を1次元のものの上に置く時代は終わったと考え3次元のベッドパッドを考案。寝具メーカーにイノヴェーションを起こしました。

このイノベーションもまたいつ、どの会社に追い越される日がくるのかわかりません。
高岡社長はいつもご自身を常に居心地のわるいところに、自分を放り込むように考えられているそうです

そうすることによって、自分を鍛え、新しいイノベーションをまた考える。
そういったところでしょうか?

常に

謙虚

をキーワードに。

まとめ

  • 高岡本州社長は3つの大学や大学院を卒業されている
  • 高岡本州社長は2つの会社の社長で一つは父から、もう一つは伯父から引き継いでいる

50歳の頃からトライアスロンを始められた高岡さん。
自分に厳しく、常に、謙虚を忘れずに、2つの会社を切り盛りされて
忙しい毎日を送られてます。

なかなか、並大抵のことではないですが
これからも、お体に気をつけてますますご活躍を!!

もっと安価なものを開発してほしいというのは無理??(笑)


TV
スポンサーリンク
スポンサーリンク
イチゴをフォローする
カモメのジョナサンdiary

コメント

タイトルとURLをコピーしました