大泉潤(函館市長選挙・大泉洋兄)似てるか比較!経歴・学歴・両親は?

TV

大泉潤さん(大泉洋さんの兄)の函館市長選出馬で噂になってます。

今日は大泉潤さんと大泉洋さんの出身校などを比較し、両親についても調査しました。

一体、どんなご家庭だったのでしょうか?また、GLAYとの関係も気になります。

詳しくはあわせ読みたいもご覧くださいね。

この記事でわかること

  • 大泉潤(大泉洋さんの兄)さんの出身校
  • 大泉洋さんの出身校
  • 大泉ご兄弟の両親について
  • 大泉潤さんはGLAYと関係が深い?

大泉潤(函館市長選挙・大泉洋兄)経歴・学歴は?

  • 早稲田大学出身
  • 函館市役所 保健福祉課部長(2022年7月末で退職予定)

大泉洋さんは、早稲田大学のご出身です。

エリートさんですね。


お兄様が早稲田大学出身で函館市の市役所に勤務されています。

大泉洋さんとは7つちがいです。

2022年現在は56歳

ニュースで函館市長選に出馬検討とありますが、

もとより出世街道まっしぐらの方ですから、

弟の力を借りての出馬ではないことは確かです。

7月いっぱいで市役所を辞めて、選挙活動の準備をされるそうです。

しかし、大河ドラマで、大泉洋さんの人気が

高まる中、揶揄する人も出てくるのはいなめません。

そこはキッパリと、

『弟の芸能活動とは関係ありません。』

大泉洋さんとしては、このことについては全く知らなかったので笑えます。

なんて、報道されていますが、お兄様はちゃんと話してるとおっしゃってます。

真実はわからないですが、なんでもギャグにしちゃう

大泉洋さんらしいですよね〜(๑>◡<๑)

大泉潤さんはGLAYのライブの立役者?

実は、大泉潤さんは、 2013年に行われたGLAYのライブでは影の功労者なんて呼ばれています。

これはなぜ?

実は、当時市役所の観光宣伝課に勤められていて、

函館駅や函館空港をGLAY一色にされて、ライブを大成功させて立役者なんです。

なので、十分に、函館市の市の職員として、素晴らしい実績のあるおかたなんですね。

また、現市長とも先輩後輩の仲で、ここも、うまく作用してそうですね。

大泉洋の出身校は?

  • 北海道の北海学園大学の経済学部出身
  • 人生のターニングポイント

大泉洋さんは、大学受験で失敗されています。

なんと2浪されてます

これはお兄様を越えようと頑張ったのでしょうか。

第1志望は明らかにされてませんが、おそらくは、第1志望早稲田でしょう。

2浪したのちに法政大学は合格したものの、北海道の大学に進学されます。

俳優活動への転機となるわけです。

ご本人は、『北海学園大学に行ってなかったら役者になってなかたかも。』

とおっしゃっていました。


お兄様は越えられなかったけど、ご自身の道を見つけられたんですね。

大泉潤(函館市長選挙・大泉洋兄)の両親は?

  • 父 養護学校の教員で、校長まで努める
  • 母 中学の英語の教師



大泉洋さんのご家庭はご両親ともに教師です。

なんでも、大変教育熱心なご家庭で、お兄様は小さい頃から
お勉強が得意で、常に成績は優秀。

お父様が校長先生まで務められる方でした。

一家全員が、教育熱心なので、家庭環境は良かったのではないでしょうか。

また、小さい頃のお写真などを拝見しますと、とてもきっちりした

お坊ちゃんスタイルで、育ちの良さが伺えます。

お兄様は、勉強ができて、弟の大泉洋さんは

とにかく人を笑わせるのが好きな小学生だったそうです。


お兄ちゃんができちゃうと

結構、プレッシャーありますね。



大泉洋さんは、大学を浪人されています。

しかも2年も。


そして、多分、人生初の挫折は大学受験の失敗だったと。

お兄さんと同じ早稲田が第1志望だったのではないでしょうか?


でも、このターニングポイントがなければ、

役者 大泉洋は出てこなかったんだ。


大泉潤・大泉洋兄弟は顔が瓜二つ?

こちらのtwitter。

もうそっくりです。そりゃ兄弟だもん

おにいさま、ぜひとも函館のために頑張ってほしいですね。

  • 大泉洋さんの兄は早稲田大学出身
  • 大泉洋さんの兄は函館市役所に勤務
  • 大泉洋さんの兄は顔が瓜二つ
  • 大泉潤さんはGLAYライブの影の

今日は大泉洋さんのお兄さんの学歴とそしてご家族について紹介しました。

両親が教師で教育熱心な家庭環境で育てられました。

幼少の頃から成績優秀で、兄の影響が強かったという大泉洋さん。

今度は、函館市長選に出馬検討とのとこ。

いつも、大泉洋さんの尊敬できる希望の星でい続けてください。

TV
スポンサーリンク
スポンサーリンク
イチゴをフォローする
カモメのジョナサンdiary

コメント

タイトルとURLをコピーしました