箕輪はるかハリセンボンの経歴や家族は?早稲田で友達ゼロ?

TV

ハリセンボンのボケ役の箕輪はるかさんって、ほんとにスリムな方で存在も相方の近藤春菜さんがとっても、体格もいいし対照的ですよね?吹き飛ばされそうなスリムな方だとおもいませんか?

性格もとても引っ込み思案なようで、実は早稲田大学を出られているのにあまりクイズ番組なんかでも出演されてないのはどうしてなんでしょうか?

そんな箕輪はるかさんお家族や経歴を紐解きながら、なぜ、早稲田出身を隠されているのかを調べてみました。

  • 箕輪はるかさんの経歴と家族は?
  • 蓑輪はるかさんがなぜ早稲田出身を表に出さないのか?

箕輪はるかハリセンボンの経歴や家族は?

  • 箕輪はるか
  • 生年月日:1980年1月1日 (年齢 42歳)
  • 身長:160cm
  • 体重:48kg
  • 血液型:A型
  • 出身:東京都府中市
  • 武蔵野市立大野田小学校
  • 武蔵野市立第四中学校
  • 東京都立保谷高等学校
  • 早稲田大学第二文学部
  • NSC東京校 9期
  • 特技: バドミントン・重機の操縦
  • 趣味: けん玉・サッカー・ミニカー集め・重機・さんぽ

箕輪 はるかは日本の女性お笑い芸人。
お笑いコンビハリセンボンのボケ担当。
相方は近藤春菜。

大学卒業後、東京NSC(9期生)に入学します。

そこで、同期の近藤春菜と出会い、2003年にハリセンボンを結成。
ブレイクのきっかけは、2006年から放送された10カラットという深夜番組です。

また、2009年4月に結核を発症し、2か月間の休養をし、翌月には退院。
6月のテレビ収録で復帰しています。最近でも結核は普通にかかる病気なので注意が必要ですね。

おいしいものをたべて、十分な睡眠と運動をおこなっていれば大丈夫なんですが、お仕事がお忙しくて体調を崩されたのかもしれないです。芸能人は体力勝負なのでこれからもバランスをうまくとっていってほしいです。多分、相方の近藤春菜さんは大丈夫でしょう╰(*´︶`*)╯♡

小学生の頃はサッカーに夢中でそして中学校になるとバトミントンなど結構スポーツ少女だったわけですね。そして高校に進学されて早稲田大学に入ると言う夢を抱きます。早稲田大学に入る1ヶ月前は1歩も家から出ずにずっと1日中10時間ぐらい勉強されていたそうです。( ͡° ͜ʖ ͡°)

この集中力が素晴らしいそして夢の大学生になるわけです。

現在、箕輪はるかさんは結婚されていません。大学の4年間の、 ひとりでいたと言う経験がその後の人生にも影響及ぼしていて1人でもどこにでも旅に行けるし1人が楽と言うことを体感しているそうです。価値観の合う人がいたら結婚するかもしれないけれども今のところその予定はなさそうです。

箕輪はるかハリセンボンは早稲田4年間で友達ゼロ?

晴れて早稲田大学のあの素晴らしいキャンパスに入れたわけなんですが友達たちがいっぱい集まっている様子を見てその仲間に入りたいなぁと思ったらしいです。

がなかなかその間に入れなかったそうです。
そして毎日ひとりでいても、うかない図書館に通っていたと言うことです。図書館では図書館の棚を動かすスイッチ動かしながら「私は早稲田動かしている」と思って、 孤独を楽しんでたようですよ。

すごいですね図書館の店を動かすスイッチがあるなんて。やっぱり違いますね。 棚を動かすことに喜びを感じてた、箕輪はるかさんがすごい。

マンモス大学で自由だからこそ、友達がいなくてもなんとかなるだろうと甘えてしまった。「人」という宝物が周りにたくさんあったのに、それを手に入れようという気持ちになれなかったのを、今はすごく後悔しています。今の自分だったら、もう一回通って友達作りたいなって思うんです。

https://president.jp/articles/-/50313?page=4

そしてとうとう4年間友達0と言う時間を過ごしてしまいます。

がやはりそれでは人間我慢できないことがあるんですね。溜まってくるものがある。
なのでこの4年間を箕輪はるかさんは無駄な4年間とは思っていないようです

この4年間があったからこそ今の自分がある。違う世界へ飛び出していこうと思うエネルギーを充電する期間だったと捉えられています。とっても素敵な前向きな考え方だと思いませんか?
この話は自分に置き換えてみるととてもよくわかりますよね。誰にでもこういう時間ていうのは必要なんですね。人生無駄なことは何もない(๑>◡<๑)

誰とも話さない期間が4年も続くと、苦しくなってくる。4年間のうちに鬱屈とした気持ちがガスのようにどんどんたまっていって、このままじゃいけないよなという焦りが募っていきました。養成所に入る勇気が出たのは、4年間友達がいなくて、人に声をかけることができない自分を変えたい、今までやったことのないところに飛び込みたいという気持ちが大きく膨らんだ結果なんです。今思えば、私にとっては必要な4年間だったのかなと思いますね。

https://president.jp/articles/-/50313?page=4

まとめ

  • 箕輪はるかさん早稲田の出身でしたが4年間友人ゼロですごされた
  • 箕輪はるかさんが早稲田出身を隠してたわけではなく、もしオファーがあれば出てみたい

箕輪はるかさんがとても努力家で、しかも早稲田にいた4年間は自分がお笑いの世界に入るためのひつような4年間だったと考えられてるのが、すばらしいことだとおもいませんか?

人生何も無駄な事はないと言うことを今の若者たちにも伝えられるとっても良い機会でした。
ハリセンボン結成20年。これからもお二人のご活躍を期待したいと思います。

TV
スポンサーリンク
スポンサーリンク
イチゴをフォローする
カモメのジョナサンdiary

コメント

タイトルとURLをコピーしました