パトリツィア・クンマー(スノボ・スイス)の経歴・家族は?[北京五輪]

TV

こんにちはいちごちゃんです。
いよいよ北京5輪が開幕ですね。

前回の冬のオリンピックである
ソチ五輪でのスノボの女王
個人の判断で コロナワクチン未接種と言うことで
21日間の隔離をするために

2022年1月11日に北京入り。

前回の冬の五輪では
日本の竹内智香選手との
直接対決にて
竹内の転倒にて優勝を勝ち取りましたね。

今日はその彼女の経歴や家族について
調べてみました。

  • パトリツィア・クンマー(スノボ)の経歴
  • パトリツィア・クンマー(スノボ)の家族

パトリツィア・クンマーの経歴

読売新聞より

さてパトリツィア・クンマー(スノボ)と言えば前回の
ソチオリンピックで パラレル大回転で優勝したのが
記憶に新しいのではないでしょうか。

彼女はスノーボードワールドカップには
2002年から2003年シーズンから参戦。


ワールドカップでは現在まで通算14勝という見事な成績。

14歳の頃からワールドカップに参戦してたんですね。
すごいです。

  • 総合優勝3回(2011から12)(2012から2013)(2013から2014)
  • 通算成績14勝(回転10勝)(大回転4勝)

オリンピックでは2014年ソチでパラレル大回転金メダルです。

前回の平昌オリンピックでは

ウィキペディアより

スノーボードってこんだけしか出てなかったの?って思っちゃいました。
赤枠で囲っているこの2名。(竹内とパトリツイア)
ソチオリンピック(2014)で
直接対決して
優勝したのは
パトリツィアでした。


平昌オリンピックでの優勝者は
エステル・レデツカ(チェコ)が金メダルに輝き、
アルペンスキー女子スーパー大回転との2冠を達成した。

残念ながら平昌オリンピックでは16位でした。

パトリツィア・クンマーの家族

fellow tourより
fellow tour より
阪急交通社より

パトリツィア・クンマー(スノボ)選手は
あのハイジで有名な
スイスバレー州 ミューレバッハ出身です。

さて、ご覧のように
出身地はバレー地方
ワかそれ以上と同じインで有名な地方です。

イタリアとの国境界には
あのマッターホルンが控えています。

とても風光明媚な土地ですが
冬の山の温度は厳しく
北海道と同じかそれ以上。

もちろん雪質は素晴らしく
広大なスキーやスノボが楽しめる
恵まれた場育って来られました。

残念ながご家族についての記載はなく
わかりませんでした。

スイスでは老若男女がスキーを楽しむ
文化がありますので
きっとご家族たちもスキーやスノボ大好き
家族で小さい時から練習していたことは
間違い無いでしょうね。

ワールドカップにも
10代で出場してるので
おそらくスキー・スノボ一家なんでしょうね。

まとめ

  • パトリツィア・クンマー(スノボ)は2014年のソチ五輪の金メダリスト
  • 2018年の 平昌オリンピックでは16位
  • 日程はこちらです。 2月15日がメダル確定ですね。

来月から始まる北京オリンピック楽しみですね。
今回はソチの女王は
どのような活躍を見せてくれるのでしょうか?
楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました