米津玄師の写真集は2022年2月発売!サイン入りは事前予約のみ

TV

こんにちはいちごちゃんです。
今日は米津玄師さんが 写真集に登場すると言う情報を
いたしましたので米津玄師さんについて調べてみました。

 

  • 写真集の販売予約はどこで? スペシャルエディションはサイン入り
  • 米津玄師からの写真集へのコメント
  • 米津玄師さんのプロフィール
  • 米津玄師さんの作品
  • 米津玄師さんの写真の一部をご紹介

奥山由之写真集はどこで買える?

BEST BEFORE 限定版

著者:奥山由之
定価:16,500円(本体15,000円)
アートディレクション:平林奈緒美寄稿:伊藤貴弘(東京都写真美術館学芸員)、河尻亨一(編集者)判型:B5変
総頁:512頁
製本:上製

タイムレスで重厚な存在感を感じさせる黒の表紙(通常版)に対して、エッジのたった強いインパクトを放つシルバーの表紙が、500部限定のスペシャルエディションとして販売されます。「BEST BEFORE」=賞味期限 という意味のタイトルともリンクするようなプロダクト感がありながら、シルバーに光るその佇まいは、まるで”ナマモノ”のようで、通常版とはまた異なるユニークな表情があります。全冊サイン入、著者による手書きのエディションナンバー入です

サイン入りとありますがお間違いのないように。
著者のサイン入りです。
米津玄師さんのサインではありませんよ。

500部限定です。

こちらの写真集はこちらで発売(予約受付中)2022年2月7日発売
限定販売(サイン入り)は残りわずか→こちらで検索

  • 限定盤 16500円+送料
  • 限定盤 16500円 送料無料はこちら
  • 限定盤(paypayモール) 16500円 送料無料はこちら
  • 通常盤 8800円 

売り切れ出てます。
2022/1/21時点での情報ですので
売り切れの説は
ご容赦くださいませ。

米津玄師からのコメントも

米津玄師氏より推薦コメント到着!!

「感電」のMVやアーティスト写真における米津氏との創作を通して、

多大な刺激を受けたという奥山。お互いの創作をリスペクトする、そんな関係性が伺えるコメントが、本書に寄せられました。

彼のユーモアにはいつだって心が動きます。

光を見つけて切り取る力。尊敬しています。

――米津玄師

https://www.seigensha.com/books/978-4-86152-881-1_sp/

奥山由之写真集 | 米津玄師の写真はかなりレア?

“将来、絶対に売れてみせるから写真は残したくない”と学生時代から周囲に言っていたのは有名な話。メジャーデビュー前からセルフプロデュースに長けていて、取材を受けた際は自分で写真チェックをするほど、こだわりが強かった」(音楽ライター)

このように彼は写真を撮られることの
かなり慎重だったし
チェックも厳しかったので


今回の写真集の出版に関しては
かなりレアかもしれません。

ビッグになられて段々と顔を出すことにも
慣れてこられたのでしょうか。

https://www.fashion-preとしたss.net/news/82911
https://www.fashion-preとしたss.net/news/82911

米津玄師のプロフィール

https://www.fashion-preとしたss.net/news/82911
  • シンガーソングライター
  • 音楽プロデューサー
  • 福島県徳島市出身
  • 身長188センチ
  • 血液型O型
  • 生年月日1991年3月10日

2009年よりハチ名義でニコニコ動画へ
オリジナル曲を起こし始めたそうです。

ちょうど高校卒業したと同時ぐらいですかね。
彼は徳島県立徳島商業高校卒業されてます。
もう中学生の時には音楽活動始められたそうですけれども。

日本だけではなく世界からも注目をされます。
2012年には本名の米津玄師で自身がボーカルをとった
アルバム

また『Lemon』は
オリコン週間カラオケランキングでも連続1位獲得週数の
新記録を更新した。

この『Lemon』ですが
下に貼り付けてますので
お時間ある方は
ご覧くださいね。

レアなケースと言えるでしょう。


『ジオラマ』 リリース。

2015年リリースのサードアルバム
『ブレーメン』はオリコンランキング1位を獲得。
その年の「第57回輝く日本レコード大賞」で
優秀アルバム賞。

2018年リリースの『Lemon』
オリコンランキングをはじめ主要な
ランキングを総なめにし
『第69回NHK紅白歌合戦』で初ののテレビ歌唱を果たした。

すご〜。紅白にも出てたのですね。

いちごちゃん知らなさすぎです。(汗)

いじめや自閉症に苦しむも・・

彼は出生当時は4500グラムあったそうです。

これは今から考えるととっても大きな赤ちゃんですよね。

その後幼稚園小学校と名前もちょっと変わっていると
言うこともありいじめに遭われたそうです。


そして自分のお話相手は自分の頭の中の
架空の人物であったとおっしゃってます。

この頃、かなり自分は他人と違うと悩まれたいたようです。

《僕はずっと普通の人になりたかったんですよ、子どもの頃から。普通ではないっていう感覚によって苦しい思いをしてきた自覚もあって》

週刊女性より

そして20歳の頃には自分で病院にいかれて高度自閉症
診断されたそうです。

コミュニケーション能力に乏しかったり、
こだわりが強いといったことなどが特徴の病気なので、

当時クラスメートになじめていなかったのも
そのせいだった可能性がありますね。

米津玄師さん プロデュースの作品紹介

これらの 作品集をご覧になってお分かりだと思いますが
菅田将暉さんとはかなりの 影響を
お互いに 受けたり与えたりしているようですね。

まとめ

 20年前なら、米津さんのような地方出身でコミュニケーションが上手でないタイプは世に出ることはなかったと思います。デジタル時代だからこそ誕生した“時代の寵児(ちょうじ)”ですね」(レコード会社関係者)

週刊女性
  • 米津玄師さんのプロフィールを調べていて彼がかなり幼少期より病気に悩んでいたことが判明
  • 写真についてもこだわりのある彼が写真集に応じたことが嫌かもしれません
  • 20歳頃から自分の居場所を見つけて自分のつよいこだわりをいかせたとても時代にあった生き方だと思います

彼があと10年早く生まれていたら
このようになっていたかどうかがわからないです。


本当に生まれた時代と言うのは
その人の運命を変える要素を持っているのですね。

もちろん彼の生まれながらに持っている
才能もさることながら
ニコニコ動画と言う自分の居場所を見つけた彼

このことから出発している
彼の人生

これからも心より応援したいと思っています。

この写真集でどんな表情が
みられるのか
今から楽しみですね。

TV
スポンサーリンク
スポンサーリンク
イチゴをフォローする
カモメのジョナサンdiary

コメント

タイトルとURLをコピーしました